一眼レフカメラとスマホってどう違うの?それぞれの魅力と機能で比較してみた!

一眼レフやミラーレスなどのカメラが欲しいけど実際スマホと一眼カメラがどう違うのか比較してみました。

一眼カメラとスマホ、どっちが良いの?

悩んでいる人の画像

いったい、一眼カメラとスマホカメラはどっちが良いのでしょうか。

私個人の意見としては

  • ちょっとした写真をたくさん撮る時はスマホ
  • しっかりと記録に残したい時は一眼カメラ

と考えています。

そしてやはり趣味として写真を撮るなら一眼カメラを買うことをおすすめします。なんたって私はカメラが好きだからこのブログをやっています。当たり前と言えば当たり前。カメラ派です。

ですが、そもそもカメラとからして違いますよね。

ということで、写真を撮るときに重視したい点や、それぞれの良いところから比較してみたいと思います。

カメラを買うか悩んでいる人、とにかく違いが知りたい人はとりあえず寄ってらっしゃい見てらっしゃい(‘ω’)参考になれば幸いです。

それでは見ていきましょう。

背景ぼけ

背景がぼけている猫の画像

おそらく大半の人が写真を撮る時に欲しいのが背景ぼけですよね。

被写体が目立ちますし、ものを撮ったり、食べ物を撮ったりするときは背景のぼけた写真が良いと私は思っています。なんなら一時期は背景ぼけの写真が正義!と思っていたこともありました。あの時は若かった(‘ω’)

では、この背景ぼけの写真は一眼カメラとスマホでどう変わるでしょうか。

スマホで最近はやりのダブルレンズ

ダブルレンズのスマホの画像

最近レンズを二つ搭載したスマホのカメラの性能をグンとあげるため”についています。

かくいうこの私、デュアルレンズにつられてホイホイとスマホを買い替えました(‘ω’)笑

これはついているレンズそれぞれにより、性能は違います。

  • 広角レンズ+望遠レンズ
  • メインカメラ+サブカメラ

といった組み合わせのスマホは写真を撮った時に一眼カメラで撮ったかのようなぼけがでます。

また最近のスマホは基本的に性能が良いものが多く、ダブルレンズほどのぼけはなくとも、そこそこのぼけ感で写真を撮ることができます。

一眼レフはやっぱり単焦点レンズ

カメラレンズの画像

一眼カメラで写真を撮るとぼけ感が強いイメージがありますよね。

使うレンズや設定によってはかなりのぼけ感を出すことができるのが一眼カメラの特徴のひとつ。

私がミラーレスとコンデジ生活から抜け出して一眼レフを手にした時、そのぼけ具合には度肝を抜かされました。(そしてそれに頼りすぎてカメラの知識を取り込む努力を怠りました・・・もっと早く色々勉強しておけばよかった・・・)

そんなぼけの強い一眼レフですが、なかでもF値が低いレンズをつけた場合、加工などでは作れないようなぼけ感が出ます。

一眼カメラで写真を撮っていて、このぼけ感を理解し始めたころからさらに写真を撮るのが好きになった人は多いのではないでしょうか。

F値?絞り値?知っておきたいカメラ知識を紹介

私は単純で素直なので、一眼レフを買って数年、やっと勉強して思い通りのぼけ感を出せるようになったときはずっとぼけ感の写真しか撮っていませんでした(‘ω’)

そして、普段の生活を写真で切り取るのが楽しくなって、日常でもカメラを持ち歩くようになりました。それまではテーマパークに行く時だけ持っていく、みたいな生活でした・・・。

今思うともったいない!宝の持ち腐れすぎる。

ズーム

遠くにいる鳥をズームで撮った画像

写真を撮る時に使いたい機能、ズーム。

拡大したくなる瞬間に出会うことって意外と多いですよね。あと少し!あと少し被写体の近くに・・・!という時に役に立つのがズームです。

このズームもスマホとカメラでどんな違いがあるのか、見ていきましょう。

デジタルズーム

向かいにいる人をスマホで撮る画像

スマホのズームは基本的にデジタルズームと言われています。

デジタルズームとは、拡大したい部分を切り抜いて無理やり大きく広げている、といったイメージです。

写真を印刷して、拡大したいところを切り抜いて、拡大コピーしたら画質が悪いのはあたりまえですよね。そういったイメージのズームが、デジタルズームです。

そのためスマホのズームはあまりきれいではありません。

ですが最近ではダブルレンズの登場により、光学ズームができるスマホもあります。

(‘ω’)「おや?光学ズームとはなんぞ?」と思いますよね。

次は光学ズームについて見てみましょう。

光学ズーム

景色をズームレンズで撮影している画像

一眼カメラなどで使われているズームです。

これは、レンズの焦点距離を変えて撮影します。

デジタルズームのような画像引き伸ばしなどではないため、光学ズームは画質が落ちることなく撮影することができます。

この光学ズーム、単焦点レンズだとズームはできないというのが難点です。

ですが望遠レンズを使えば遠くが撮れますし、ズームレンズでも好きなズーム具合で撮ることができます。レンズを換える、レンズを買う、レンズを持ち歩く、など少し不便に感じてしまう点もありますがそこもまた一眼カメラの良いところと言えるでしょう。醍醐味ってやつです(‘ω’)

夜景

夜景の画像

夜、写真を撮りたいと思う時は多いですよね。

シャッターチャンスの宝庫である夜の写真撮影でも、スマホと一眼カメラに違いが生まれるのか、見ていきましょう。

高性能になってきたスマホ

スマホで夜景を撮影している画像

私が使っているシャッタースピードや絞りを調節できるものも増えてきました。

そのため夜の撮影にも対応できるようになってきています。

シャッタースピードとは?カメラを使いこなして写真に生かそう!

スマホだと限界があります。光を受け取るセンサーサイズの問題です。

このセンサーサイズはスマホだと大きさに限界があります。

徹底比較!APS-C機・フルサイズ機の違いとおすすめポイント【一眼レフカメラ】

一眼カメラは夜にも強い

一眼レフで夜景を撮影している画像

センサーサイズがスマホに比べて大きい一眼カメラは夜でもきれいな写真を撮ることができます。

昼に比べて撮るのが難しく、中には細かい設定が必要な時もありますが、それを抜きにしてもやはり夜景撮影に強いのは一眼カメラでしょう。

やっぱりきれいな夜景もちゃんと写真におさめたいですよね!私はとてもおさめたいです。特にクリスマスとか!イルミネーションとか!最高ですよね。

レンズ

カメラレンズが並べられている画像

一眼カメラと言えばたくさんの交換レンズ!

実際たくさんの交換レンズがあるのは一眼カメラですし、だからこそいろいろな写真を撮ることができる、一眼カメラの醍醐味だと思っています。

そんなレンズですが、最近ではスマホに取り付けるタイプのレンズがあるということで、レンズの点でも比べてみたいと思います。

スマホに取り付けられるレンズ

スマホに取り付けられるレンズの

スマホに取り付けることのできるレンズ。

自撮りしやすいように、クリップで挟むタイプの広角レンズをつけている人を見かけたことはありませんか?

私も雑誌の付録でついてきたレンズをたまに使っています。

大人数でインカメラを使って撮影するときにかなり重宝します。かなり広く写るので友達の少ない私がめずらしく大人数で遊んでいるとき、どや顔で広角レンズを取り出します(‘ω’)

また、インカメラだけでなく、広角レンズをメインカメラに取り付けて風景を広く写すこともできます。

マクロレンズ、中には望遠ズームレンズもあり、種類は豊富です。正直調べてみて驚きました。

望遠レンズとかスマホよりでかいのがあるんですもん(‘ω’)

一眼カメラのレンズ

カメラレンズが並んでいる画像

スマホに取り付けるレンズの種類が意外と多くて驚きますが、それ以上に多いのが一眼カメラのレンズです。

一眼カメラの醍醐味、と先ほどお伝えしましたが本当に一番の魅力なんじゃないかと思っています。

広角や単焦点だ、明るさは、と数えたらきりがありません。

決して安い買い物ではないですが、レンズを買うたびに写真を撮ることが楽しくなります。

レンズによって撮れる写真もかなり変わってきますし、無限大の可能性が広がっていると私は思っています。

スマホの良いところ

ここからはスマホと一眼カメラ、それぞれの良いところを見ていきましょう。

アプリのフィルターが多い

フィルターをかけてスマホで景色を撮影する画像

スマホはアプリの数の多さが強みだと思います。

キラキラ加工やふわふわ加工はお手の物ですし、中にはパソコンで画像編集するような細かい作業ができるものまであります。

フィルムカメラ風に撮れるアプリが登場しますし、お手軽にいろいろな表現を楽しむことができます。アイフォンユーザーが使えるフジフィルムのアプリとか、すごく素敵ですよね。

意気揚々とインストールしようとしたらアンドロイドバージョンが出ていなくて私は泣きました。

ポートレートモード搭載

奇麗に人を撮るスマホの画像

最近のポートレートモードがあります。

背景がぼけて、人物を自動できれいに映してくれるものです。

一眼カメラだと性能が良すぎるあまり余計なところまでくっきり・・・なんてことになる時もありますがありがたい・・・。盛れる・・・。すごく盛れる・・・。私も橋本環奈かもしれないと錯覚します。

ポートレートモードは友達と遊んでいるときなどに使うことが多いです。

常に持ち歩いている

スマホを持ち歩いている画像

スマホを持ち歩いていない!なんて人はすごく少ないですよね。

スマホは出かけているときや、ふとした瞬間でも手もとにあることが多いです。そのため、「撮りたい!」と思ったらすぐに起動して撮ることができます。

シャッターチャンスを逃さないので、撮りたい写真をすぐに撮れるのは助かります。

友達と遊んでいるとき、ふとした子供の表情など、手元にカメラがない時の思い出を逃がさず写真におさめることができるのはスマホカメラの最大の魅力だと思います。

一眼カメラのいいところ

ここまででも、さんざん醍醐味!などと言ってきましたが、一眼カメラのいいところを見ていきましょう。

細かい設定

カメラの設定を行うダイヤル部分の写真

F値など、カメラは自分の設定で好きに撮ることができます。

設定次第ではレンズを換えなくてもいろいろな表現ができます。

思い通りに使いこなせるようになるまでは経験が大事ですし、すぐにうまく撮れるようになる!というわけではありません。ですが自分で設定して思い通りに撮れるようになった時、今まで以上に写真を撮るのが楽しくなります。

あと、これは個人的にですが、マニュアルモードで思い通りの写真が撮れるとすごくニヤついて「私いま、めっちゃカメラが趣味の人みたいだ!」とひとり感動します。勝手に盛り上がります。ええ、楽しいですとも。

レンズが取り換えられる

カメラレンズの画像

何回か言っている、レンズの豊富さです。

「レンズ沼」という言葉があります。

これはカメラを持っている人がレンズを買いそろえ始めたら、購入意欲がとまらなくなってしまうという恐ろしい沼です。

実際私は沼の入り口あたりにいるのですが、どんどんと欲しいレンズが見つかってしまって困っています。お金が足りない。

どうしてここまでレンズが欲しくなってしまうのか。それはやはり“レンズを換えることで変わる写真の魅力”だと思います。レンズひとつでガラッと雰囲気が変わるのを実感すると、もっといろいろ知りたい!見たい!撮りたい!と思うようになります。

こう書いてみると危ない何かのように思えてしまいますが、レンズはそれくらい素晴らしい感動を与えてくれるのです。一度レンズ変えてみ?みんなやってるよ!怖くないよ!一度だけだから!ね!

welcome to camera

いかがでしたか?

結局どっちが良いんだろうとまた悩んでしまった人もいるかもしれません。

無理に一眼カメラを!とは言いませんが、やっぱり大事な思い出はきれいに残しておきたいですよね。特に旅行や、記念日の写真などはカメラで残した方が絶対にきれいです。

かといってスマホだからこそ撮れる写真も多いはずです。

「何か撮るかも!」と考えてわざわざコンビニに行くときでもカメラを持ち歩く。なんて人はそう多くないでしょう。

でもコンビニの帰りにきれいな空だったから写真を撮りたくなった、ということは無いとは言い切れません。そんなときはスマホが重宝します。

結局、と言ってはあれですが、写真を趣味にしたいならカメラを買うことをおすすめします。

常に持ち歩かなくても、撮りたいものがある時に持って行ったりしてカメラの魅力にずぶずぶとハマっていきましょう。

スマホと並行して楽しめるわけですし、もし少しでも気になっているならカメラをレンタルしてみたり、友人に借りたり、店頭で触ってみたり、ぜひ一歩踏み出してみましょう!

両手を広げる画像

レンズ沼のほとりで私は両手を広げて待っています(‘ω’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です