スマホとはまた違う!一眼レフカメラを買ってよかったこと【まとめてみた】

私なりにカメラの良さを伝えたくてやっているこのブログ。

初心に帰って、「カメラを買ってよかったこと」をプレゼンしたいと思います(‘ω’)

カメラ気になってるんだよね~という方はぜひ!カメラを使っている方はわかる~と思っていただければ嬉しいです。

携帯とは違う魅力

スマホとどう違うの?って記事を書いたり

一眼レフカメラとスマホってどう違うの?それぞれの魅力と機能で比較してみた!

タイトルに“スマホとはまた違う!”とか言っていたりするんですけど、私がカメラを買ったときはガラケーの時代。ガラパゴスがブイブイ言わしてた時代です。

そんなときにカメラ買った私がまだ初心者やってるっていうのもおかしな話なんですけどね。その話はおいおいするとして、個人的にカメラのたまらない部分についてお話しします。

たまらないぼけ感

パンケーキの写真

カメラを実際に使っていてやっぱり思う事。

このブログでも耳にタコができるほど言っていますが、きれいなぼけ感がたまらない!私はここにハマって「やっぱカメラ最高~~~!!!」という気持ちになったといっても過言ではありません(‘ω’)

最近のスマホでもきれいなぼけ感が作れるものもあります。「ほう、ここまでとは・・・。やるじゃん」なんて目線で見ていたりもするのですがやっぱりカメラにはカメラのぼけ感があるのです。

これは撮っていくうちにわかることなんですが、カメラの中でもボディやレンズによって、撮影者によってぼけ感はさまざま。人の写真を見ていて「こんなのどうやって撮ったんだよ~~~きれいなぼけ感~~~」と思うことは多いです。

荷物はかさばるけど“やってる感”がある

重いんです、カメラって。

しかもレンズを付け替えたりすればボディよりもレンズの方が重かったなんてことも。

(‘ω’)「なんでさ」と不満に思ったこともありますがそれもいつしか“写真をこだわって撮ってる感”に消えていきました。

“撮ってる感”なんてただの自己満足みたいなものなのですがそれでいいかなと最近は思ってきています。自己満足で良いじゃない。だって趣味なのだから。

スマホはサクッと撮ってしまいます。

そんな時カメラだとレンズや露出や色味や画角などいろんなことを考えてじっくりと写真を撮ります。

そのじっくりさがまた魅力だと思います(‘ω’)うまく言えませんが一瞬をじっくりと感じ取る、といったような、一瞬をより大事にしているんだな、という風に思っています。

知れば知るほど楽しい!設定次第で変わる写真の表情

組み合わせ方がややこしくて露出の設定なんて・・・と思いがち。

私もそう思ってたころがありました。

何もしなくてもきれいに撮れてしまうという慢心

なんせオートモードできれいに撮れてしまうんです。オートモードやスポーツモードのまま何年か過ごしました。

何もしなくても奇麗な写真が撮れてしまうんです。

そりゃ慢心してなにも設定とか考えられなくなりますよね。(私はそうでした)

それに何の気なしにマニュアルモードなんかにして適当に撮ったら大体真っ暗か、シャッタースピードが長すぎて真っ白な写真に。

「いや、こわい」と思って触らなくなってしまいました。

自分で設定してみる試行錯誤

でもあるときスポーツモードでもうまく撮れないという事態を「どうにかしなければ・・・!」と一念発起。

数打てば当たる、なんてことしているとSDの容量も足りないし、選別も面倒だなと思うようになりました(‘ω’)

本も買って、少しずつ設定に触れていき、何となく感覚で覚えていきました。

本を買ったとはいえその通りに行かないのがカメラ。

こういうときはこうなのか!と実践していくしかありません。何回真っ白と真っ黒の写真を量産したことか・・・(‘ω’)

思っていた写真が撮れた時のうれしさ

夜の写真

設定をミスしてシャッターチャンスを逃したときは「くそ~~~!」と悔しさのあまり一生オートでもいいのでは?と思い始めてしまいそうになりましたが、最終的に設定に慣れてくるとそれはまあ撮れたときのうれしさがとても大きいのです。

こんな感じの写真が撮りたかったと思っているときに、ちょうどそんな写真が撮れるとまぁうれしくて。人に説明するのは難しいのですが、露出設定のやりかたなども記事にしたのはこの感動を共有したいから、といった部分もあります(‘ω’)

露出設定を使いこなそう!カメラ上達への第一歩

レンズ沼のほとり

これも何回も言っていることですがレンズが豊富にあること。私がカメラを好きな理由のひとつです。

まだ持っているレンズは少ないですが、カメラ屋さんで「次はこのレンズとかいいなぁ」なんて考えている時間も楽しかったりします(‘ω’)

【初心者必見】一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラの交換レンズって?おすすめシチュエーションも紹介

これが欲しかった望遠レンズ

私がカメラを買った理由は望遠レンズで撮りたかったから。

大好きなディズニーのキャラクターを撮りたくて、とりあえずみんながもっている黒いカメラと長いレンズを買おうと思ったわけです(‘ω’)ちょろい

買う時は、他のレンズに詳しくなかったこともありダブルズームレンズセットで購入しました。

よくレンズセットはよくないと聞きますが、なんやかんやでいまだに望遠レンズは使っているので一概にレンズセットはダメだ!ということはありません。たまに「この望遠レンズいいなあ」と思うこともありますが・・・(‘ω’)汗

初めて買った単焦点レンズ

単焦点レンズの写真

数年間レンズも買わずにいた私が露出設定を知り始め、レンズを知り始めついに買いました。

このとき、50㎜を買って「思っていたよりもめちゃくちゃ画角狭い」と思ったことが35mm換算やセンサーサイズの違いを気にする始まりでした。

ものすごく嫌だった!というわけではありませんでしたが35mm換算やセンサーサイズの違いを知らなかったことも含め、少しショックを受けたので、ちゃんと今度からは焦点距離や、画角、いろいろなことを考えてレンズを買おうと心に誓いました。

そしてそんな失敗(失敗というほどではないですが)をしてほしくなくてそこら辺についての記事も書きました(‘ω’)

自分で知る分にはなんとなくわかっていればいいやと思っていましたが、文にするとなるともっと詳しく知る必要があったので驚き再びでした(‘ω’)(‘ω’)

ここら辺の知識はとてもややこしい!

衝動買いした広角レンズ

単焦点レンズをつけてしばらく写真を撮り続ける生活をしていました。

そこで思うのは「めっちゃ引きの写真撮りたい・・・」でした。

自分で動いて被写体から距離は撮っていましたがそういうことではなかったんです。

もう引いた写真が撮りたい欲が半端なくなったころ、広角について調べ始め(調べ始めたらもう購入への一歩は踏み出していると思っています。あとは時間の問題ですね)、ある時買ってしまいました。

いやあ楽しい!背景をぼかしてなんぼの写真にハマってしばらくそのままだったのでもう新鮮でしょうがないです!

という事で今は広角ブームです。ものすごく広角ブームです。

楽しくて今まで以上に風景をたくさん撮っています。(‘ω’)衝動買いしてよかった!

きっとこの無限ループがレンズ沼なのだなと思います(‘ω’)

とにかく楽しい!

ここまで読んでいただいてありがとうございます(‘ω’)

楽しい!しか言っていない今回の記事ですが本当にカメラは楽しい!

望遠レンズでオートを使っていただけのころは、ディズニー以外にカメラを持って行くことはありませんでした。(なんてもったいない!)

ですがカメラは知れば知るほど楽しいもの。スルメイカのようです。噛めば噛むほどおいしい。

人の写真も見るのがおもしろくなる

自分が写真を撮るようになると、他の人の写真もより見るようになります。

しかも、見るときに「どうやって撮っているんだろう」と思い始めます。そしてそこから自分の写真に反映させてみたり、技を盗んでみたり。

どんどん広がっていくカメラの世界に病みつき間違いなしです!

私は病みついています(‘ω’)笑

初めての現像でより沼に

現像した写真

単焦点を買ったあたりから、現像というものにも手を出してみました。

有名なlightroomです。いまだに使いこなせているわけではないですがこのソフトだけでもだいぶ写真がかわります!

レンズでも変わりますが、こんなに変わるの?ってくらい変わります。

このソフトを使ったおかげで写真の楽しさはより倍になると私は思っています(‘ω’)

カメラは楽しい!何回でも言える

結論「カメラは楽しい」という事なんです。

じゃあなんでこの記事を書いたんだ~と思われるかもしれませんが良いのです。

こういう流れで私はカメラを好きになったんだよ~という事を伝えたかったので(‘ω’)!

そこからカメラ欲しいなと思っていただければ本望です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です