F値?絞り値?知っておきたいカメラ知識を紹介

カメラを使い始めてしばらくたち・・・F値って何?絞り?と思ったことはありませんか?オートモードを使ってはいるけどちょっと手を出してみたい・・・なんてあなたに見てほしい。カメラ基礎知識の一つである絞り値についてご紹介します。

絞り(F値)とは

絞りとは何か、をまずお話しします。

一言でいうと「レンズから入る光の量を調節するもの」です。光が通る穴の大きさを変えることで、光の量を調節しています。カメラのレンズを正面から見て、中をのぞくと何か見えませんか?絞り値を変えつつ見るともっと分かるかもしれません。

光の調節

絞りと光の図

光の量の調節について、具体的に見ていきましょう。

絞りによって変えられた穴を光が通ることでセンサーまでたどり着きます。絞りを開くと穴が大きくなるためその分光が通ります。逆に絞りを絞ると穴は小さくなるので光の通る量は少なくなります。

  • 明るくなる=絞りを開く=F値を下げる

光の量が違えばその分明るさも変わります。絞りを開いているときは光の量が多いため明るい写真が撮れます。そして絞りを閉じているときは光の量も少ないため暗い写真が撮れます。

  • 暗くなる=絞りを閉める=F値を上げる

ピントの調整

絞りは、実はピントが合う範囲にも影響しているのです。

絞りを開いた状態、つまりF値が大きくなり、背景までくっきりとピントの合った写真になります。

ピントの合う範囲について詳しく知りたい方はこちら

カメラ上達への道!被写界深度を知って写真に生かそう

数値

絞りの数値について見てみましょう。

F値が大きくなる、となります。

F値は固定されているレンズがあり、固定されているレンズは固定値から好きなだけ絞りを変えることができます。固定されていないレンズは〇〇-▽▽と表記されています。固定値から大きい数字ならなんでもいいんじゃないの?と思いますよね。それが違うのです。

例えばf2.8-4、17-70mmのレンズがあるとします。この場合70mmまでズームしているときにF値を開放していたはずなのにズームしたら変わっている、というのはこのためです。

絞りの変化による違い

絞りを変えたらいったいどんな変化が起こるのでしょうか?文字で説明されてもあまりピンときませんよね。図と一緒に説明したいと思います。

絞りと明るさとぼけの図

絞りを開いたら明るくなり、ボケの強い写真になる。反対に絞りを閉めると暗くなり、背景までピントが合った写真になる。というのはこれまでの流れで分かっていると思います。手元にカメラがある人は実際にやってみたかもしれませんし、今からやってみてもいいと思います。実際に絞りをいじっていろいろなボケの写真を撮ってみましょう。

絞り優先モード、というものがあります。F値を小さくしたり大きくしたりしてみましょう。

どうでしょうか?ボケひとつとっても印象の違う写真が撮れるので今まで以上に撮影の幅が広がるのではないでしょうか?

設定方法

先述した絞り優先モードで設定して撮るのが一番楽ですが中にはもう少し極めたい!なんて人がいると思います。そこでざっくりと絞り/ISO感度の関係性についてお教えします。絞りを中心に撮影設定をするならどこをどう設定するのか、理解しておくだけでだいぶ写真撮影が変わるはずです!

露出の関係性の図

絞り優先の設定ということで、まずは絞りを開いてボケの強い写真が撮りたい時を説明します。絞りが開いているということは写真が“明るく”なっています。これは“明るくなりすぎてしまう”可能性があります。そんな時はISO感度は数字を低くします。

簡単に説明しましたが、この三つをうまく組み合わせるとボケの強い写真にしつつ、自分好みの明るさの写真を撮ることができます。基本的な使い方の一つなので、写真を撮っている間にすぐに三つがどう作用しあうかは理解できるはずです。

具体的なマニュアル撮影についてはこちら

露出設定を使いこなそう!カメラ上達への第一歩

まとめ

絞りについてわかっていただけたでしょうか。

一眼で撮った写真と言えばボケぐあい!と思う人が多いですよね。(私だけじゃないはず)

F値での撮影を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です