アングルとポジションって?写真撮影で気にしたい基礎知識!

写真を撮る時にアングルやポジションを気にしたことはありますか?アングル一つで写真の雰囲気はぐっと変わります。被写体によってアングルを変えてみたり、同じ被写体でも違う雰囲気に撮ってみたり。少し意識するだけで撮影の幅が変わります。

アングル

アングルの説明図

アングルとは、カメラで物を写す「角度」「視点」という意味があります。

ローアングル

ローアングルは“見上げる”角度です。

低いところから撮る写真がローアングルだと思っている人も多いのではないでしょうか。(実は私もそのひとりでした)

低いところで撮る写真がローアングル、というわけではないのです。見上げていれば、高い位置から撮っていたとしてもローアングルになるのです。

「あおって撮る」なんて言い方を聞いたことはありませんか?ローアングルの別の言い方が「あおり」です。

ハイアングル

ではハイアングルはどうでしょうか。

ローアングルと同じように高い位置から見下ろして撮ることだと勘違いされやすいです。ハイアングルは“見下ろす”角度でとることを指します。「俯瞰(ふかん)」ともいわれます。

料理などの写真を撮る時は真上から撮る人もいますよね。あれはハイアングルであり、「真俯瞰(まふかん)」の写真です。

水平アングル

水平アングルはそのままの意味です。地面と水平に撮る時は水平アングルです。

それが上向きになったり下向きになったりすると、ローアングルやハイアングルになります。

アイレベル

アイレベルの説明図

アイレベルとは目線の位置で写真を撮ることです。背が高い低いなどはあまり考えず、撮影者の目線の高さと思いましょう。

アイレベル撮影と書いてあった場合は「なるほど目線の高さなんだな」といった程度の認識で問題ありません。

ポジション

ポジションの説明図

カメラポジションとは、被写体に対する“カメラの位置”です。

カメラを向ける角度などではなく、カメラそのものの位置だと思ってください。

ローポジション

ローポジションは“低い位置”での撮影です。

厳密にいえば、撮影者の目の高さより下の位置で撮影したらローポジションになります。

ハイポジション

ハイポジションからの撮影が可能です。

アングルとポジションの組み合わせ

アングルとポジションの組み合わせ図

アングルやポジションを組み合わせて写真を撮っていきます。

組み合わせるとどうなるんだ?と(私は)混乱してしまうので表にまとめました

このアングルやポジションを少し変えればさまざまな表情の写真が楽しめます。

また、アングルやポジションに加えて構図も意識したらぐっと写真がよくなります!

アングルとポジションって?写真撮影で気にしたい基礎知識!

まとめ

いかがでしたか?

知ってはいたけど少し勘違いしていた!ということが多いアングルやポジション。

思い通りの写真を撮って周りと差をつけるためにもぜひ意識してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です