徹底比較!APS-C機・フルサイズ機の違いとおすすめポイント【一眼レフカメラ】

一眼レフを購入するぞ!となって「フルサイズ?APS-C?」となった人も多いのではないでしょうか。もしかしたら今現在そうなっている人もいるかもしれませんね。私も買う時はよくわからないままでしたし、今回調べてみてちゃんと知ることができました。今まで何となくとしか知らなかった方も、全く知らなかったという方も!ぜひ見てみてください。

そもそもフルサイズ機、APS-C機って何?

まずそれぞれについてざっくりとお伝えします。

フルサイズ機

カメラ内部のセンサーサイズが大きく、画質の良さがウリです。

プロの人や、マチュアのような人が多く持っています。

かなり大きいカメラを見たことがありませんか?アマチュアの人でも持っていることが多いため、きっとどこかで見たことがあるはずです(‘ω’)!

APS-C機

カメラ内部のセンサーが少し小さく、フルサイズよりも小型軽量になっていますが、画質機能ともに申し分ない一眼レフです。

初心者にも使いやすいエントリー機と呼ばれるものもこの種類のカメラです。

プロでも持っている人がいるため完全に初心者向き!というわけではありません(‘ω’)

センサーサイズって?

では次にセンサーサイズについて見ていきましょう。

センサーとはカメラ内部にある光を取り込む部分です。光を取り込むということは、写真の情報を取り込むところ。とても重要な部分なのです(‘ω’)

このセンサーの大きさが大きければその分たくさんの情報を取り込めるため、画質も良くなるというわけです。

どんなレンズをつけるか、など状況が変わればまた違いますが、単純に比べるとセンサーが大きいと画質が良いと覚えてしまって良いでしょう(‘ω’)!私はそう思っています!

センサーの種類

センサーサイズの画像

センサーにはかなりの数の種類があります。その中でもよく使われているのが

  • フルサイズ
  • APS-C
  • マイクロフォーサーズ

です。時代はついにミラーレス!

 

二つの違いは?

では具体的に二つのセンサーの違いについて見てみましょう。

大きさが違うとどんなところが違ってくるのか、カメラ選びの参考になるはずです!

画質

まずは先ほども言った画質の違いです。

センサーが大きければその分情報量が増えると言いましたよね。

センサーが大きいと細かい描写も可能になります。暗いところの撮影にも強く、より高画質で高感度なあらゆる撮影ができるのです。

センサーサイズが大きければ細かな情報も受け取れるのです。細かな情報が受け取れれば、細かく写真に写し撮れます。

つまり写真がきれい!(‘ω’)

ポイント

  • センサーサイズが大きいほど高画質、高感度に

ボディの大きさ

センサーはカメラ内部にあるため、もちろんカメラのボディの大きさは大きくなり、重くなります。

一眼レフのフルサイズはとにかく大きいです。ミラーレスとは比べ物にならないくらいずっしりとしていますし、大きさもなかなかの圧があります。

私は「こりゃ持ち歩くのが大変だぁ」と思いました(‘ω’)あまり運動もせずに日々を過ごしている人にはしんどいかもしれません。

APS-C機はセンサーが小さめな分、比較的軽く、大きさも比較的小型です。

ポイント

  • フルサイズはセンサーの分大きく重たい
  • APS-Cはセンサーが小さい分フルサイズよりは小さい

値段

カメラを買うにあたり、値段は重要ですよね。

フルサイズはその性能に見あったお値段になっています。APS-Cはフルサイズに比べると手が出しやすい値段になっています。

フルサイズだと10万円以上はします。その分機能や性能がプロ仕様並みに詰まっているので、高い買い物ですが、その分平均して良いカメラだというのは間違いないでしょう(‘ω’)!

APS-Cだと10万円以下で買えるものが多いです。(そのためエントリー機と呼ばれ、カメラを始めやすいよと言われている一因なのだと思います)

中には値段以上の性能のものがありますが、やはりフルサイズのカメラを使っている人と比べると性能的に負けてしまう部分も出てきます。

ポイント

  • 値段に見合った性能を持つフルサイズ
  • エントリー機と呼ばれる価格も比較的安価な取り扱いやすいカメラはAPS-C

画角

フルサイズとAPS-Cでは撮れる画角(写し取れる範囲)も少し変わってきます。

この点に関してはより詳しく見ていきたいと思います(‘ω’)あまりにもややこしいので

画角も変わるの?

先ほどお伝えしたように、少し画角が変わってきます。(‘ω’)今までの私はここら辺から知らないふりをしていました 。だってややこしいんだもん。

ではより詳しく見ていきましょう。

同じレンズを使っても画角が変わる

センサーサイズと画角の画像

例えば同じ50mmのAPS-Cで撮った時の方が被写体に寄っている写真になります。(実際は写し取れる範囲が狭まくなっているということです)

センサーサイズの違いによりこの差が生まれます。

焦点距離の長さで画角が変わる図

焦点距離(センサーからレンズまでの距離)が長ければ長いほどその差は大きく開きます。

つまり、単純に考えて望遠レンズをつけたときはフルサイズよりもAPS-Cの方がより遠くを撮れることになります

正確には写し取れる範囲が狭いということですが、遠くを撮れている!という感じになります

専用レンズと共通のレンズがある

カメラとレンズの画像

レンズにも違いがあります。

APS-Cどちらにも使えるレンズがあります。 

APS-Cで使えることがなんとなくわかりますよね。

実際にレンズを買う時は専用と共通、どっちのレンズがいいんだろう・・・と悩んでしまいますよね(‘ω’)汗

次は専用レンズのメリットデメリットをお話しします。

APS-C専用レンズのデメリットから。

専用レンズだとAPS-Cからフルサイズにボディを買い替えたとき、レンズも一緒に買い替え、ということになり出費がかさんでしまいます。

フルサイズのボディはもとからお値段がお高めの商品。それに加えて持っているレンズも買い替えなんてことになったらお金がいくらあっても足りません!

次にAPS-C専用レンズのメリットです。

APS-C専用ばかりを買っています・・・(‘ω’)

メリット

  • APS-C専用レンズは比較的安い

デメリット

  • APS-C専用はフルサイズ移行時にお金がかかる
  • APS-C専用をフルサイズで使う場合には画像切り抜きなど処理が必要(カメラが自動で処理するものもある)

また、APS-C専用レンズがフルサイズで絶対に使えない!というわけではありません(‘ω’)!

カメラによっては、サイズが違うことで起こってしまう写真上の問題を自動で処理してくれるものもあります。カメラってすごい!

また人間側がパソコンで写真を編集して、問題の部分を切り取ってしまう、という手もあります。ものは使いようです。

APS-C専用レンズがフルサイズに使えるかはメーカーによっても違うのでしっかりと確認しましょう!

35mm換算

レンズの違いまで話したところで画角の問題に戻りましょう。せっかくカメラとレンズをそろえたのに撮りたい写真が納まりきらない、遠すぎる、なんてことになってしまわないためにもしっかりと確認しましょう。

ここを適当にやりすごしてしまうと私の二の舞になってしまいますよ(‘ω’)

フルサイズとAPS-Cだと写し取れる範囲が違うという話はしましたよね。

カメラの世界には35mm換算というものがあります。APS-C機で写真を撮る時に、今カメラについているレンズだとどの範囲を写真におさめられるか、という計算ができるのです。詳しいことは記事が個別であるのでぜひ目を通してみてください!

35mm換算について詳しい記事はこちら(‘ω’)

これを読めば解決!カメラの35mm換算について【まとめてみた】

レンズの表記など距離の基準はフルサイズに合わせられています。

そのためマイクロフォーサーズサイズのカメラにつけるレンズを買う時は、何mmになるかあらかじめ計算して確認しておく必要があります。

ポイント

  • Canonは1.6)
  • マイクロフォーサーズ)

フルサイズとAPS-Cはどっちが良いの?

結局どっちが良いんだ?と悩んでしまいますよね。

ここで改めて比較して、メリットデメリットも見ていきましょう。

比較

フルサイズとAPS-Cの比較表

メリットデメリット

フルサイズのメリット

  • 高画質、高感度
  • レンズを買う時に計算する必要がない

フルサイズのデメリット

  • 大きい、重たい
  • 値段が張る

APS-Cのメリット

  • 比較的安価
  • 超望遠も撮れる
  • 比較的小型軽量

APS-Cのデメリット

  • 画質、感度は少し負ける
  • ASP-C専用レンズでそろえるとフルサイズに買い替えたときに出費がかさむ
  • 35mm換算が少し面倒

まとめ

いかがでしたか?

それぞれにメリットもあればデメリットもあります。

私はASP-C機を使っていますが十分満足いく画質です。ですがフルサイズ機を触らせてもらうとやはり違うな!という気持ちになります。そして欲しくなります(‘ω’)ちょろい

実際にそれぞれ使っている知り合いがいれば触らせてもらうのも手でしょう。

また、初心者だからといってフルサイズ機をAPS-C機で、かなりすてきな写真を撮られる方もいます。

自分がどんな写真を撮りたいのか、どのようにカメラを使っていきたいのか考えて、自分に合うものを買ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です