シャッタースピードとは?カメラを使いこなして写真に生かそう!

カメラで写真撮影をする際、シャッタースピードについて基本をお教えします!

シャッタースピードとは

シャッタースピードの説明の画像

シャッタースピードはシャッターが開いている時間の事を言います。シャッターが開いていればそこから光が入ります。

 目に見える部分ではないですが、使っているときに“カシャッ”とシャッターを切る時間がやけに長いなと感じたことはありませんか?そして撮れた写真を見ると真っ白だったり激しく手振れしていたり・・・。

そんな写真から卒業するためにもシャッタースピードについて詳しく見ていきましょう!

光を調節

これは明るさに関わってきます。

光の入る時間が長いと明るく、時間が短いと暗くなります。光が入っている時間だけカメラ内部のセンサーに光が当たっているということになります。

露出について説明する図

よく比喩として使われるのは蛇口とコップです。蛇口から水が出ている時間が長ければ長いほどコップは満タンになりますよね。水がたまっていればたまっているほど撮れる写真は明るくなります。

ブレの調節

シャッタースピードとブレの関係の図

センサーに光が当たっている時間、被写体の映像は写し取られています。

シャッタースピードが短いと、センサーには一瞬が写し取られたことになります。

つまり動きのある被写体でもあまりブレのない写真を撮ることができるのです。シャッタースピードが長いとセンサーに当たっている時間の分だけ被写体の動きを写し取っていることになるので、ブレのある写真になります。

数値

それでは、数値について見ていきましょう。数値は〇〇秒と表されます。

 1秒、1/2秒・・・1/2000秒といったようになります。この数字の秒数だけシャッターが開き、光が入ります。

シャッタースピードを変えることができます。数値を変えるときは、「1段速くする」「1段遅くする」と言われ、この段階が細かく変えられるカメラもあります。

シャッタースピードの違いによる変化

ここまででシャッタースピードについて少しは理解してもらえたでしょうか?

ここからは説明だけでなく実際にシャッタースピードを変えたらどうなるのか、見ていきましょう。

すぐにカメラ出せるよ~!なんて人は一緒にやってみてくださいね。まずモードをS優先モードにしましょう。S優先モードとはシャッタースピードの設定はこちらが好きにできます。

こちらが好きに決めたスピードにあったF値やISOって?と思ってもとりあえず気にせずやってみましょう)

まずはこのS優先モードでスピードを変えていろいろ撮ってみてください。

写真の明るさはカメラが決めた明るさになっているはずです。では写っている写真はどうでしょうか?動いているものを撮る時にスピードを遅くしていたらブレていた、ということがよくあります。逆に、動きがある写真が欲しかったのにスピードを速くしていたために全く動いているように見えない写真になってしまった・・・など。

動いているものを撮る時は

  • シャッタースピードが速いとブレのない写真になる
  • シャッタースピードが遅いと動き(ブレ)のある写真になる
  • ということを頭の中に入れておきましょう。

設定方法

それでは細かい設定方法もお教えします。

シャッタースピードでいきましょう。

F値やISOを合わせて変えていきます。もしスピードを速くしていたら、写真は暗くなりますよね。

そういう時はISO感度を下げます。

露出における組み合わせの図

数回写真を撮ってみて、細かく微調整しましょう。シャッタースピードを重視するときはだいたい一瞬を切り取りたい時や動きのある写真が欲しい時なので、素早い設定が撮影成功のカギです。

とはいっても最初はそんなすぐには設定が決まりませんよね。ゆっくり焦らずに慣れていきましょう。

露出設定を使いこなそう!カメラ上達への第一歩

まとめ

今はまだISO感度が重要です。実際に写真を撮っていくと身についてきますし、理解しやすくなります。ぜひたくさん撮ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です